自転車でヘルメットをかぶるイメージ

自転車でヘルメットをかぶるイメージ

自転車でヘルメットをかぶるイメージ

自転車でヘルメットをかぶるイメージ

自転車でヘルメットをかぶるイメージ

自転車でヘルメットをかぶるイメージ

TOKYO Bicycle SNAP

若者編Q.自転車で誰とどこに行きたいですか?

  • スナップイメージ

    会社員(23)

    友だちと葛西臨海公園へ行きたい

  • スナップイメージ

    会社員(39)

    1人で10km圏内に行きたい

  • スナップイメージ

    学生(20)

    親友と東北6県巡る旅がしたい!

  • スナップイメージ

    学生(20)

    仲の良い友達と一緒に自転車に乗って買い物に行きたい!

  • スナップイメージ

    学生(22)

    友だちとカフェに行ってコーヒーを飲みたい

シニア編Q.自転車で誰とどこに行きたいですか?

  • スナップイメージ

    自由業(62)

    近場に買い物に行きたい

  • スナップイメージ

    会社役員(67)

    孫と町中に行きたい

  • スナップイメージ

    主婦(82)

    孫と国分寺周辺をサイクリングしたい

  • スナップイメージ

    主婦(76)

    北海道で湖巡りをしたい!

親子編Q.自転車で誰とどこに行きたいですか?

  • スナップイメージ

    主婦(36)

    子どもと海へ行きたい

  • スナップイメージ

    主婦(44)

    高原でサイクリングしたい

  • スナップイメージ

    会社員(42)

    双子の子どもとおでかけしたい

  • スナップイメージ

    主婦(30)

    多摩川沿いの河川敷を家族でサイクリングしたい

CYCLIST INTERVIEW / モデル 福田萌子さん

福田萌子さん

自分に似合うヘルメットを
選ぶのが楽しいんです

ふくだもえこ | 沖縄県出身。ライフスタイルモデル。「adidas MeCAMP captain」としても活動中。自転車やマラソンなど幅広いスポーツをこなし活躍するモデル。

福田さんはいつから自転車を始めたんですか?
初めてロードバイクに乗ったのは、2年半ほど前に屋久島のサイクリングイベントに挑戦したとき。自転車で自然の中を走り抜けると、ランニングでは体験できない風がすごく心地よくて。今では仕事へ行くにも自転車です。都内では街乗りもしますが、楽しく長く乗りたいときは、荒川沿いの土手を葛西臨海公園まで走ったりもします。土手は道が開けていて乗りやすいので、初心者の方にもおすすめですよ。
福田萌子さん
ヘルメットの大切さを感じたことは?
以前、雨の中のサイクリングイベントで激しい落車を経験して。正しい乗り方をしていたのですが、雨で滑ってしまったんです。顔に大きなケガを負って、モデルの仕事も休むことになりました。あの怖さは今も残っています。だけどヘルメットを正しく被っていたおかげで、頭は守ることができたんです。事故のとき、ヘルメットのおかげで命が助かったという話は実際によく聞きますが、それを痛感しました。
ヘルメットを被るときのこだわりは?
ファッションとしても楽しむこと。私は、色や形が違うものを4つ使い分けています。自分に似合う帽子や靴を選ぶように、ヘルメットも、自分の顔の形やファッションに合わせて選ぶんです。色のある服のときは黒にしよう、とか。形もかわいい、まん丸のものや、伸縮してコンパクトになるものもあるんですよ。最近のヘルメットっておしゃれで、しかも軽い。自分に似合うものを探すのが楽しいんです。
福田萌子さん

EXPERT INTERVIEW

まつざかよしひこさん

有識者から学ぶ!ヘルメットの
正しい知識講座

安全に、そして楽しく、自転車ライフを送るには?
数多くの自転車メディアやイベントで監修を務める自転車のプロ、
松坂佳彦さんにインタビュー!

まつざかよしひこ | スポーツサイクル専門店『Y's Road』広報宣伝チーム部長。多くの自転車に関する専門誌やテレビ番組、イベントを監修。趣味はツーリング。

松坂さんはさまざまなテレビ番組で自転車利用について監修をされていますが、現場での役割は?
まつざかよしひこさん
主に自転車や装備品の監修とメンテナンス、キャストの方の安全面のアドバイスをしています。まずドラマだと、監督と相談しながら、役ごとに使う自転車やヘルメットを決めるところから始まります。
機材メンテナンスも大切ですね。特にヘルメットは、一度傷が付いたところに再び衝撃があると、ちゃんとカバーしてくれない場合があるんです。そのため、小さな傷も見逃さないよう点検して、交換の必要があればすぐ対応しています。ヘルメットは特に命に関わるものですから。
やはり安全を確保する上で、ヘルメットはとても重要なのですね。
はい。自転車事故で死に至る一番の理由は、頭部損傷というデータもあります。監修の現場ではキャストの方に対して、自転車の乗り方や細かい所作について事前にレクチャーをしますが、中でもヘルメットの被り方や扱い方については時間をかけるようにしていますね。安全性はもちろんですが、所作の「かっこよさ」「美しさ」にもこだわっています。
実際に、ヘルメットを着用している自転車利用者の割合はどの程度に感じますか?
荒川沿いで走行する自転車を定点観測したデータを見ると、着用率は以前に比べて高まってきていると思います。しかし重要なのは、正しく被っているかどうか。ヘルメットは正しい被り方をして初めて機能するものです。
まず被った段階で首を振って、ずれてしまうのは正しく被れていないんです。後ろのアジャスターを調節して頭をしっかりホールドすると、首を振ってもヘルメットは落ちません。そこに、さらにあごひもで固定をする。あごひもは調整して余った部分をカットするとスマートですね。
自転車で車道を走る以上、自分の身を守るのは自分しかいない。事故は突発的なものですから、受け身をとることは不可能です。また、自分がヘルメットを正しく被らないことで、周りにも影響があるということを忘れないでください。事故後のケアをするのは周りの人たちですから。そういった意味で、ヘルメットや自転車の正しい知識を持つことは、社会や自分の大切な人に対する思いやりでもありますよね。決して難しいことではありません。販売店でスタッフに聞いていただければ、基本的な扱い方やメンテナンスについてもお教えします。
まつざかよしひこさん
ほかにも、自転車ライフをより楽しむためのポイントはありますか?
都内を走るなら、日中だけでなく早朝などもおすすめ。いつもはにぎやかなオフィス街が静まり返っていて、そこを自転車で散策するのは気持ちいいですよ。それから今、自転車をより楽しくするアイテムもとても増えています。体重計と連動して運動をサポートするサイクルメーターや、サイクリスト向けに作られた日焼け止め、おしゃれなウェアなどさまざまなアイテムがあるので、少しずつ集めていくのも楽しい。目的に応じて、自転車の楽しみ方は無限に広がりますよ。

SPECIAL CONTENTS

“ケッタマンが”
教える
自転車の
正しい交通安全

「守りたいのは、その命」を合言葉に活動する、交通安全啓発ドロイド “ケッタマン”!
交通事故の恐ろしさを多くの人に伝えるべく、学校や警察署のイベントなどで啓発活動を行なっている彼が、今回、東京都の取組に協力し、自転車の交通安全についてみんなに教えてくれるぞ!

ケッタマンのイメージこれがケッタマンの正体だ!!守りたいのはその命!
必殺技
●ハンドサインチョップ ●目視ビーム

交通安全啓発ドロイド ケッタマン

  1. 1.ルール・マナーを守ろう

    • 自転車は、車道が原則、歩道は例外
    • 車道は左側を通行
    • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
    • 交差点では二段階右折
    • 進路変更するときは、必ず後方確認
    守ってるか?
  2. 2.ヘルメットは正しくかぶろう!

    1. 1. 正しい角度で装着
    2. 2. ヘルメットの先端がまゆ毛のすぐ上にくるように角度を合わせ、左右均等にかぶる
    3. 3. あごとあご紐の間に人差し指一本入れられるか確認
    4. 4. 首元のV字部分のねじれチェック
  3. 3.万一の事故に備えて…

    ・損害賠償責任保険に加入しよう!
    自転車向け保険、TSマーク付帯保険や傷害保険、自動車保険等の特約として契約することもできます。
    ・大人も子供もヘルメットをかぶろう!
    正しく着用することにより、頭部損傷による死者の割合がおよそ1/4に低減するデータもあります。
  4. 4.これはやっちゃダメだぞ!

    • 一時不停止

      一時不停止

    • 信号無視

      信号無視

    • 傘さし運転

      傘さし運転

    • スマートフォン等のながら運転

      スマートフォン等のながら運転

ケッタマンの
一日を
大公開!

アンドロメダ銀河惑星“No.8145”(バイセコ)の技術で誕生した交通安全啓発ドロイド「ケッタマン」!交通事故を誘発するナノマシーンを駆使し、世界征服を企む悪の組織「ジコーン」と戦う正義の味方だ!!そんなケッタマンの一日を特別に教えちゃうぞ!(監修/綿貫透) マンガダウンロード

ケッタマンの一日
小林廉/REN彼は大親友のRENくんだ

小林廉/REN

1979年2月9日生まれ
身長188cm 体重76kg
様々なファッション誌で活躍し、自転車雑誌や産経デジタルで連載を持つサイクリスト。
趣味:サイクリング、トライアスロン(完走)、ウェイトトレーニング

マンガダウンロード

ケッタマンの一日

自転車事故で亡くなられた方の多くが頭部を損傷。「自分は大丈夫」という気持ちが、危険な事故につながります。ルールを守り、自転車を安全に利用しましょう。

このサイトについて

利用にあたっての注意
「Bicycle Life with Helmet」(以下本ページ)に掲載されている資料等は、本サイトポリシーに従って利用することができます。
ご利用に際し、必ずお読みください。
これら内容について同意できない場合は、利用を控えるようお願いいたします。
著作権
本ページから発信するコンテンツ(ページ、テキスト、画像、動画、その他のデータ)の著作権は、原則として東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課が所有し、一部の画像の著作権は、原著作者が所有しています。
この「利用にあたってのご注意」の中で与えられていない著作権に係る権利は、すべて東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課に留保されます。
法的事項
掲載されている資料は、個人的かつ非営利的な使用目的だけのために利用する場合に限り、複製、使用、ダウンロードすることができます。
従って、事前の許可がない限り、転載、変更、発行、配布、掲示等は一切できません。
著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を越えて、本ページのコンテンツの使用を希望する場合は、事前に下記までお問い合わせください。
いかなる場合であっても、掲載資料の使用に際して発生した損害については、一切の責任を負いかねます。
リンク
本ページへのリンクは、トップページを対象とする限り、原則として自由です。
トップページ以外の途中のページや、コンテンツにリンクを希望される場合は、事前の許諾が必要です。
許諾のお申し込みは、下記あてにご連絡をお願いします。
東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課で提供する情報の信頼性が害されるおそれがあると判断した場合は、リンクをお断りすることがあります。
 リンクを許諾した場合でも、その後の事情により妥当でないと判断した場合には許諾を取り消すことがあります。